会社案内

リフォームBLOG

2017.09.13

こんにちは(*^_^*)

日没もだんだん早くなり、そろそろ秋の気配を感じれるようになりましたね!!

今回は、秋分の日についてご紹介したいと思います!!(^^)/

醜聞の日

「秋分の日」とは、秋のお彼岸の真ん中の日で、

昼と夜の長さがだいたい同じになる日のことです!

秋分の日の日の出は真東からで、真西に太陽が沈みます。

秋分の日を含むお彼岸はご先祖に感謝をする期間で、

お墓参りやお坊さんにお経をあげてもらうお家もあるそうです!!

月

秋分の日には、「おはぎ」を食べる習慣があります!!

昔、砂糖は高価なもので今のように甘いおはぎを作るのは特別な日だけだったのです。

また、小豆の赤い色には魔除の効果があるとされており、邪気を追い払うと信じられて

いました。

そこで、ご先祖の供養に小豆と高級な砂糖を使ってあんこにし、

お餅をつけてお供えすることでご先祖様の邪気払いをする風習ができました。

おはぎ

今まで意識していなかった方は、ちょっと気に留めてみて

是非、ご先祖様のお墓参りに行ってみてはいかがでしょうか??(*^_^*)