二世帯リフォームの費用と工事内容

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

二世帯住宅にリフォームしたいと考えるなかで、気になるのが「費用はどのくらいかかるの?」ということ。二世帯リフォームの費用は、どのような工事をおこなうかによって異なります。
今回は、一戸建てを二世帯住宅にリフォームするときの、主な工事のプランと費用相場についてご紹介します。


一戸建ての二世帯リフォームの費用目安

二世帯リフォームでは、どのようなタイプの二世帯住宅にするかによって、必要な工事内容や費用が異なります。まずは、二世帯リフォームの主な間取りのタイプと、価格相場をみていきましょう。

完全同居型 約1,000万円

個室以外のすべてを共有するタイプの二世帯住宅です。サザエさんのように、1つの家で大家族がわいわい暮らすスタイルをイメージしていただけると良いかと思います。

完全同居型にリフォームする場合、玄関やリビング、水回りなどを増やす必要はなく、費用は比較的安く抑えられます。古くなった内装や設備をきれいにするなど、一般的なリフォームと同等の費用で二世帯同居を始めることができます。

ここでは費用の目安を1,000万円としていますが、これは元の家が比較的新しく間取りも大きな変更をしない場合は、数十万円~百万円ほどの費用で済むこともあります。

部分共用型 約1,200万円

家族の生活スタイルに合わせ、二世帯で共有する部分と分離する部分を決めるタイプです。たとえば、玄関やメインのリビングは共有して、2階に子世帯用のサブリビングと水回りを増設するといったケースが考えられます。

一般的な一戸建てのリフォーム費用に加え、新しく水回りなどを増設する費用がかかります。新たに増やす設備や間取り変更が多くなるほど、費用は増していきます。もちろん大規模な解体工事を伴わない場合は、もっと安く抑えることも可能です。

完全分離型 約1,500万

親世帯と子世帯の居住スペースが完全に分かれているタイプの二世帯住宅です。玄関から分かれているので、マンションの隣同士の部屋に住むくらいの距離感をイメージしていただければ良いかと思います。

一般的な一戸建てを完全分離型にリフォームする場合、二世帯の居住スペースを分けるための大幅な間取り変更が必要です。また、キッチンやトイレ、お風呂などの設備も、一式追加しなければなりません。二世帯リフォームのなかでは、最も大きな費用がかかります。


二世帯リフォームの工事内容と費用

次に、二世帯リフォームでよくおこなわれている工事内容ごとの費用の目安をみていきます。内装だけきれいにするのか、水回りを追加するのか、間取りを変えるのか、どのようなリフォームをおこなうかによって、費用は増減します。

水回り設備を増設する費用

キッチンやお風呂、トイレなど、もう一世帯が使う分の水回り設備を追加するリフォームです。二世帯住宅のスタイルよって、「キッチンとトイレだけ追加」「すべての水回りを追加」など、どのリフォームが必要となってくるかが決まります。キッチン・お風呂・トイレと一式追加する場合、費用の目安は約400万円です。既存の水回り設備の交換リフォームには、プラス200万円ほどの費用がかかります。

・キッチン増設 約30~100万円
キッチン本体価格に加え、取付工事費用や給排水管工事費用などがかかります。
本体価格はキッチンのグレードによって大きく異なります。費用を安くしたい場合は、コンロが1~2つで、簡易的な調理ができるような「ミニキッチン」を増設するといった手も。給排水管工事費用は、既存キッチンと増設する場所との距離や、配管のつなぎ方などによって異なります。

・ユニットバス増設 約70~250万円
ユニットバス本体価格に加え、取付・給排水管・電気配線工事費用、間取り変更の費用などがかかります。ユニットバスもグレードによって価格が異なり、スタンダードクラスであれば70万円ほど。工事費用は内容にもよりますが、約10万円が目安です。

・トイレ増設 約70万円
トイレの本体価格、給排水管・電気工事、内装工事、間取り変更などの費用がかかります。トイレの本体価格は約10~20万円ほど。給排水管・電気工事に約10万円、内装工事に約5万円、あとは間取り変更にどれだけかかるかで費用が変わってくるイメージです。

間取り変更リフォーム費用

二世帯リフォームでは、リビングを拡張して二世帯で集まれるスペースをつくったり、広いスペースを仕切って部屋数を増やしたりと、間取りの変更がよくおこなわれます。ときには、玄関を追加して、よりプライベートに配慮した間取りにしたり、狭すぎる家を増築して広くしたりすることも。各工事にどのくらいの費用がかかるのか、だいたいの目安をみていきましょう。

・玄関を追加する 約100~250万円
玄関を追加して、各世帯の居住スペースを完全に分けると、お互いの生活にあまり干渉せずに暮らすことができます。例えば1階と2階で分離する場合、2階に新しく玄関を新設して外階段を設置する、もしくは内階段をリフォームしてドアをつけるなどの方法が考えられます。

・部屋を増築する 約70万円/坪
木造住宅の1階に部屋を増築する場合、1坪あたり70万円程度。2階に増築する場合や、鉄骨住宅などの場合は、費用が高くなります。

・間仕切りの撤去や追加 1ヶ所あたり約10~25万円
2つの洋室をつなげて広いリビングにする、広い部屋を2部屋に分けるなどのリフォーム。間仕切りを撤去は1ヶ所10~20万円ほど、間仕切り壁を新たに追加するなら、1ヶ所10~25万円ほどかかります。間取りを変更したら、壁や天井のクロス、フローリング張り替えなどの内装工事の費用、ドアを追加する費用なども必要になります。


まとめ

今回ご紹介した工事以外にも、「年をとっても暮らしやすいようバリアフリーにしたい」「二世帯分の車が停められるように駐車スペースを広くしたい」など、二世帯リフォームでは希望によってさまざまな工事が考えられます。両世帯の希望や、予算を考えて、リフォーム内容を決めていきましょう。