インテリアコーディネート実例集|リフォームで叶う理想の部屋づくり

  • 投稿日:

  • カテゴリー:


雑誌やモデルルームなどを見て「こんな部屋にしたい!」と思ったことはありませんか?
理想のインテリアコーディネートを実現するには、家具や内装をトータルで考えることが大切。


今回は人気の北欧風やモダン、ヴィンテージなどのスタイルをおしゃれにまとめたインテリアコーディネート事例と、部屋づくりのポイントを紹介します。
理想の住まいづくりの参考にしてみてくださいね。
北欧風シンプルナチュラルなインテリアコーディネート実例
最近根強い人気なのが、北欧風のインテリアコーディネート。
ヨーロッパの北の方、フィンランドやスウェーデンといった国々が発祥のスタイルです。


寒い地域のインテリアなのであたたかみのある素材や色使いが特徴で、家族が長時間家でリラックスして過ごせるように考えられています。


北欧風インテリアにするポイントは…
●シンプル&ナチュラルが基本!
●明るい色やファブリックを活用
●家具や床には温かみのある天然木をふんだんに使う

白やグレー、明るい木の色などナチュラルカラーに、カラフルなファブリックなどでポイントをつけるのが、北欧風インテリアのポイントです。


北欧風①黒板クロスとタイルが印象的なインテリアコーディネート


写真/トータテリフォームセンター|住み慣れた家をさらに快適にする2世帯リフォーム

床や棚には明るめい木の色&白を採用し、壁面1面は黒板クロスにしています。
キッチンの背面とカウンターにはカラフルなタイルを採用し、部屋のアクセントに。元々お持ちだった木の家具ともしっくり合っていますね。

北欧スタイルでは、壁面に飾り棚を取り入れることも多いです。お気に入りの雑貨や写真などを飾って、お洒落な雰囲気に一役買っています。あたたかみのあるデザインのペンダントライトもポイントです。

北欧風②木の温もり×暖色のインテリアコーディネート


写真/トータテリフォームセンター|両親から譲り受けた昔ながらの住まいが、リノベーションで驚きの大変身!

こちらも床やドアなど部屋全体に、明るい色の木をふんだんに使っています。リフォーム前からあった中央の柱は、部屋の雰囲気に合わせた円柱型にして木目調クロスを貼りました。

こちらのお宅では、オレンジ色のソファをはじめとした暖色系のカラーをポイントにしています。キッチンカウンターの全面に設けたニッチと背面には、ピンクとホワイトのモザイクタイルを貼りアクセントに。ニッチには季節の小物や観葉植物などを飾ることができます。

LDKの隣の扉を開くと、和室が続いています。和の雰囲気とマッチするのも、北欧インテリアの良いところです。

都会的でスタイリッシュなモダンインテリアコーディネート実例

インテリア雑誌のように洗練されたモダンなインテリアコーディネートは、インテリア上級者にも人気!
スタイリッシュで生活感をなくしたスタイルは、ホテルのような大人のラグジュアリーな部屋が作れます。


モダンなインテリアにするポイントは…
●モノトーンを基調にする
●直線的なデザインを取り入れる
●ガラスや金属などの無機質な素材を使う


白や黒、グレーなどをベースにしたシンプルな中に、無機質な素材の家具や幾何学模様などを取り入れて、ハイセンスに仕上げましょう。

モダン①モノトーンに赤をプラスしたインテリアコーディネート


写真/トータテリフォームセンター|フルリノベーション モデルルーム

黒や白を基調とした空間に、赤い家具やガラスのテーブルが印象的なコーディネートです。床には大理石調のフローリング、壁にはデザイン性の高いエコカラットを貼ってポイントにしています。

築34年のマンションをリフォームしてあるのですが、34年の年月を感じさせない空間になりました。対面キッチンにスツールを並べてあるのが、まるでバーカウンターのよう。洗練されたデザインながらも、くつろげる住まいが完成しています。

モダン②間接照明や内装タイルが印象的なインテリアコーディネート


写真/トータテリフォームセンター|洗練されたコーディネートで、理想通りの優雅な空間を実現!

築22年のマンションを、シックな雰囲気に全面リフォームした事例。天井に仕込まれた間接照明が印象的です。革のどっしりとしたソファも雰囲気によく合っています。

キッチンの床はタイル調のビニル床材に、キッチンカウンターの壁には重厚感のあるグレーの内装タイルを貼ってアクセントにしました。
天井や棚などで木の素材を使うときには、このようなダークカラーをチョイスするとモダンな雰囲気にも合いますね。

ヴィンテージスタイルのインテリアコーディネート実例

古びた味わいのある家具や建具を取り入れたスタイル。
最近人気の、金属やコンクリートなどのインダストリアル(工業的)なものもよく合います。


ヴィンテージなインテリアにするポイントは…
●色使いはシンプルに
●木はウォルナットなど重厚感のある色をチョイス
●アイアンやステンレスなど無骨な素材を取り入れる


かっこいいインテリアにしたいという方に特におすすめのスタイルです。

ヴィンテージ①レザーやアイアンを使った男前インテリアコーディネート


写真/トータテリフォームセンター|限られた空間を広く見せるリノベーション

黒と白のモノトーンに、ヴィンテージ感のあるオークの床やデザイン家具などを取り入れたスタイル。漆喰調のクロスや、キッチンカウンターにつり下げられたカフェ風の照明もおしゃれです。

梁や柱の色にもこだわっていて、デザインの一部になっています。ソファのレザーや家具に使われたアイアンなど、無骨な素材がよく合いますね。

和風なインテリアコーディネート実例

最近また和室の良さが見直されており、和のエッセンスを加えたスタイルも人気です。

和風なインテリアにするポイントは…
●畳や障子などの和の要素を取り入れる
●木や竹といったナチュラルな素材もよく合う
●洋とミックスした和モダンスタイルならより親しみやすい


洋室に和の家具を合わせたり、畳にソファを合わせたり…。純和風だけでなく、和と洋の良いところを合わせた和モダンスタイルもおしゃれです。

和風①照明にこだわったインテリアコーディネート


和室といえば畳ですが、最近人気なのがフチのないタイプの畳。モダンな雰囲気にもよく合います。一般的な畳だけでなく、琉球畳に代表されるような半分のサイズの半畳畳も人気です。

こちらのお宅のように、和室の雰囲気に合った照明を取り入れるとお洒落です。写真のような和紙や竹ひごで作られた照明はどんな和室にでもよく合い、部屋のアクセントとなってくれますね。

和風②ナチュラル和モダンのインテリアコーディネート


洋室に、和のこたつを合わせたスタイルです。使い勝手の良い洋室ながら、家族でこたつに入ってゆったりくつろげるのが良いですね。

和の要素には、白木などの薄い色の木材がよく合います。和風は人気の北欧スタイルとも相性抜群。こちらのこたつに使われているような柄のファブリックを取り入れると、ぐっとおしゃれになりますね。

まとめ

好みのインテリアコーディネートは見つかりましたか?
リフォームで床や壁などの内装を新しくすると、部屋の雰囲気ががらっと変わります。
「こんなインテリアにしたい!」というスタイルが見つかったら、家具や雑貨だけでなく、壁紙や床材などから変えてみると、より理想の部屋に近づくかもしれません。