No.050
リフォームから始める新生活

広島市 S様
2018年8月リフォーム

築約40年の一戸建てはご主人が生まれ育ったご実家。家族が別の場所に住むようになってからは、一人暮らしをされていましたが、結婚を機に新生活を始めることに。
新婚生活が落ち着いてからリフォームすることも考えましたが、周囲から先にリフォームしておいた方がいいとのアドバイスをもらい、結婚準備と並行してリフォームの計画も進めることになりました。

ご夫婦

どのような要望を伝えましたか?

一番大きなポイントは、LDKを広くしたいということで、トータテさんに相談したら、玄関の位置を動かして、玄関ホールのスペースまでLDKに取り込む提案をしてもらって、「そんなこともできるのか」と驚きました。
構造上取ることのできない柱は、丸く加工してもらってクロス貼りに。妻が実家で猫を飼っていたので、その柱の上にキャットウォークを設置。部屋のアクセントにもなって、いい感じです。階段横の取れない筋交いのある部分は、両面から使える収納スペースにしてもらいました。一般的に思いつかない提案をたくさんしてもらって、感心してばかりでした。

1階Before
Before
1階After
After

2階Before
Before
2階After
After

リビング
構造上取れない柱にインテリア性をもたせ、上部にはキャットウォークも設置。
LD
キッチンから見たダイニングスペース。元玄関スペースまで取り込んだリビングは広々と。

他にはどんな提案が?

もう一つ良かったのは、2階の使い方。寝室の奥に書斎スペースを作ろうかと思っていたら、「押入れのスペースを書斎にできますよ。寝室の奥側はウォークインクローゼットにした方が使い勝手が良いでしょう。」と言っていただいて。これも押入れを書斎にするという発想がなかったので、驚きましたが、広いウォークインクローゼットは収納量たっぷりで、すごく良かったです。

書斎
二間分の押入れだったスペースをご主人の書斎に。
2Fトイレ
1Fはシンプルにまとめた分、2Fのクロス使いは大胆に遊び心を取り入れて。

気に入っている場所は?

妻は特にキッチンが気に入っているようです。リフォームが終わるまで賃貸アパートで暮らしていましたが、狭くてキッチンも古かったのでコーディネーターさんに、キッチンの上だけ木目の天井にすることを提案してもらったのが、本当に良かったといつも話しています。
僕は以前に比べて全て快適になったのですが、一番はお風呂です。前は旅先でホテルに泊まったりするのが楽しみでしたが、今は家に帰るのが何よりの楽しみになりました。

キッチン
収納力もたっぷりあり、使いやすいキッチン。
浴室
木目調の壁をチョイスした浴室。
玄関
明るく広々とお客様をお迎えする玄関。右手のすりガラス障子は、玄関のアクセントにも、和室の明り取りにもなる提案。
外観
お友達を呼んでバーベキューなども楽しめるように、リビングに面した広いウッドデッキを設けました。

担当者

営業/網重

営業/網重リフォームアドバイザー


設計、コーディネーター、その他多くの人が関わり、新しい生活を始められるお二人に、より良い住まいを提供したいという思いが結実した素敵なリフォームになったと感じています。取材中にたまたま、ご主人のお母様、叔母様、お姉様が見に来られ、古い家から大きく変わった様子に「別の家みたい」と驚かれていたのも、嬉しく感じました。