No.052
今の暮らしに合わせたリノベーション

広島市 S様
2018年7月リフォーム

〝今〟の夫婦に合わせて住まい方を再構築

新築で購入されて、21年が経過したマンション。電気温水器の交換時期に合わせて、水回りの一新を検討。そこから暮らしの見直し意識が高まり、ご夫婦の生活スタイルに合わせた住まいを考えるきっかけに。最終的にはスケルトンリフォームで、これまでの住まいへの思いを全て解決することにしました。

ご夫婦

リフォームのきっかけは?

電気温水器の交換時期が近づいていたこともあり、合わせてキッチン、浴室、トイレといった水回り機器の交換を考え始めました。浴室に関しては、気になっていた設備があり、既存の1216タイプより広い1616タイプに変更する必要があったため、どうせ壁を壊す必要があるのなら、プランによっては全体を見直してもいいと考えていました。
そんなふわっとした感じだったので、最初は水回りを交換したいと、3つのリフォーム会社に相談し、でもこういうことも考えているという漠然とした話をした時に、一番親身になって考えてくださったのがトータテさんでした。
その後出してくれたアイランドキッチンを採用したプランがとても気に入ったこともあり、トータテさんでお願いすることにしました。

Before
Before
After
After


プランのポイントになった点は?

このマンションを購入した時はまだ夫婦ともどんな生活スタイルになるのか確定していませんでした。けれども、その後20年が経過し、どんなライフサイクルなのか、家でどんなことを楽しむのか、どんな持ち物を収納するのか、定まってからのリフォームになったので、暮らしに合わせて必要なもの、不要なものを選択することができました。
アイランドキッチンを提案された時も、その使い方を考えたら、キッチンカウンターで食事をすればダイニングテーブルを置く必要もないし、リビングはくつろぎ専用のスペースとして広く使えるのでいいなと思ったんです。
そんな感じで、提案されたことに二人の生活を当てはめて、カスタマイズしながらプランを固めていきました。

LD
アイランドキッチンを中心に再構築したLDK。配管を動かすために床を上げる必要が生じ、全体を上げることも考えた末、小上がりにする案を採用。ソファに座って、タブレットやスマホを充電しながら作業できるようにコンセントを設けたのが、ご夫婦ともに満足できるポイントに。
リビング1
パソコン台が欲しいというご主人の要望を受け、提案したカウンタータイプのリビングボード。
リビング2
リビングボードの上部収納に、ルーター、ハードディスクなどの機器用のコンセントを取り付け、壁の裏に配線を走らせることで、テレビ周りをすっきりさせることができました。

ご主人のこだわりは?

浴室を広げるためには、隣接していた洋室の壁を動かさなければならなかったので、あまり使っていなかった部屋ということもあり、思い切って土間にしてもらいました。
自転車を縦に2台掛けられるポールを取り付けるために天井も補強してもらい、素足でも歩けるように土間の床材にもこだわりました。最終的にはショールームで、踏み心地まで確かめて決定しました(笑)。
あとは住宅設備の選定。浴室は高音質で音楽が楽しめるトクラスのものに決めていましたが、それ以外は実際にショールームで実物を見て、機能性やデザインが気に入ったものに決めていきました。メーカーはバラバラになりましたが、どれも満足しています。

土間1
玄関に隣接した洋室を、タイル敷きの土間に。自転車のメンテナンスルームも兼ねて。
土間2
土間の奥にはオープンタイプの収納棚を設置し、夫婦の持ち物をたっぷり収納。箱にナンバリングして、何が入っているかはスマホでリスト管理。
浴室
スマホにつないで天井スピーカーから音楽が聞ける仕様で、トクラス(旧ヤマハリビングテック)ならではの音質にこだわったご主人が決めていた浴室。

奥様のこだわりは?

リビングを大きくする分、和室は小さくして、着付けの仕事をしている妻の着物部屋に。婚礼タンスが置けるよう両サイドは板間にして、壁に大型の鏡を設置してもらいました。
プランの途中で、妻のアイデアで猫用の小窓を設けてもらったのも良かったです。
クローゼットを通って、餌の置いてある寝室まで自由に行き来できるようになりました。

和室
和装のお仕事をされている奥さまの収納兼着付けルーム。小窓は猫が乗り越えて通るのにちょうど良い高さと大きさ。隣のクローゼットから寝室への通気も考え、壁の上に開口をもたせました。
寝室
普段はクローゼットの扉を開けて、猫が自由に行き来できるように。寝室の壁のエコカラットは、DIYが好きなご主人がご自分で貼られました。
ねこのレンちゃん
ご夫婦のアイドル、レンちゃん。工事中、ペット可の賃貸アパートでは落ち着かなかったレンちゃんでしたが、リフォーム後の新居にはすぐに馴染んだそうです。

リフォーム後の住み心地は?

これまでの住まいの不満や使いにくさが解消されて本当に快適です。内窓を設けてもらったことで、エアコンは変えていないのに夏の猛暑時もとても涼しく過ごせたし、冬も結露に悩まされなくなりました。
何より物が多い夫婦でしたが、工事前に仮住まいへ引っ越す時、仮住まいから戻る時に、半分くらい処分したので、本当にすっきりしました。
いろいろこだわりが多く、ご無理も言いましたが、担当の方々も工事の方々も、快く耳を傾けて丁寧に対応してくださり、感謝しています。

担当者

営業/田丸

営業/田丸リフォームアドバイザー


ご夫婦の趣味やお仕事関係の物をたくさんお持ちでしたので、収納もしっかりとれるように配慮しました。
奥様曰く、ご主人は〝素材フェチ〟とのことでキッチンのカウンターや玄関土間タイルなどもいろいろとご検討されていました。
住宅設備がすべて違うメーカーになったのはご主人のこだわりで、ご自分でショールームに行かれて商品を決められました。
工事着工時にはご自分の駐車スペースを提供していただけるなど、いろいろご配慮もいただいていて感謝しています。