中古マンションを暮らしのイメージに調和する空間に

  中古マンションを暮らしのイメージに調和する空間に

大事にしてきた家具と調和するLDKを再構築

広島市 K様 2020年5月リフォーム

暮らしていた賃貸住宅の近くのマンションに空き室が出るとの情報を入手したK様。広さも階数も希望に合うものだったので、購入・引っ越しを決意。
 築12年で、室内や水廻りなどの状態は比較的良かったものの、自分たちらしい住まいにリフォームして移り住むことに。
 間取りは大きく変えず、玄関からLDKにかけてお客様を迎えたり家族で共有する空間に絞って手を入れるだけでも、こんなに快適に心地良い暮らしが始められるというお手本のようなリフォームになりました。


◆トータテとのご縁は?

 子どもたちの友達で入居している家族も多く評判の良いマンションで、初めて希望する階が売りに出されると聞いて、すぐに見学させてもらい購入を決めました。内部は綺麗だったのですが、ずっと大事にしている家具があり、それに合う雰囲気にリフォームしたいと考え、慌てて情報収集を始めました。
 購入を決めた翌週末にはメーカーのショールームへ出掛け、トータテリフォームセンター北店に行ったのは、その翌週末。たまたまチラシが入っていたことがきっかけでした。
 他社も検討していたのですが、こちらの希望をより理解して提案してくださると感じました。イメージパースを作成してくれ、その雰囲気が気に入ったことも大きかったです。

〈提案カラー室内パース〉







〈施工前・施工後 図面〉



◆どんな希望を伝えましたか?

一番重視したのは〝調和〟です。もともと家具が好きで、結婚した時にこだわって購入した水屋、ダイニングセット、ローボードを大切に使っていました。
 リフォーム前はフローリングが明るめの色だったので、どっしりとした色調の家具に合わないと思い、フローリングを一新することに。合わせてキッチンも仕切り壁のない開放的なものに取り替えることにしました。
 家具のダークブラウンと、シンプルな白、家電などのシルバーの〝調和〟を第一に考え、コーディネーターの羽根さんがイメージに合うものに絞って提案をしてくださり、壁や天井のクロス、建具など、満足のいく空間になりました。

〈奥の水屋とダイニングセットとの調和を第一に、落ち着いた色調でコーディネートされたLDK〉

〈ダーク調のものに替えたリビングドアから玄関まで続く廊下のフローリングもLDKと同じものに。廊下両側のドアは全て白いものに取り替えて統一〉


◆他にこだわったポイントは?

 珪藻土による塗装なども調べたのですが、エコカラットの吸湿・吸臭機能がとても優れていることを知り、リビング、和室、玄関の3箇所に採用しました。色やデザイン選び、どのくらいの範囲で貼るのかなどを相談しながら決めていくのも楽しかったです。
イメージパースもとっても参考になりました!!

〈テレビの背面がエコカラット。全面に貼ると重くなりすぎると考え、四方に白いクロス部分を残したのがポイント〉

〈畳スペースの壁の一画にもエコカラットを採用。襖と畳だった純和室を、縁無し畳とクローゼット用の扉に変更することで、開け放してもLDKに調和する空間に〉


◆提案してもらってよかったポイントは?

 テレビとTV台を買い換える予定にしていたのですが、どちらも壁に〝浮かせ〟で設置することを提案していただけました。そんなことができるとは考えていなかったのですが、下部に間接照明の提案もしていただき、雰囲気も良く、床の掃除も楽でとても良かったです。
 また、畳コーナーの間仕切りを、洋室にも合うガラス入りの建具にし、床に敷居のない上吊り戸にしてもらったことも大満足。
 玄関に季節の小物を演出する棚を付けたいと言ったら、入江さんが「棚は体が当たったりして危ないかもしれないので、壁をふかしてニッチにしましょうか」と言ってくださったのも、さすがプロの提案だと思いました。「ふかす」と言えばサツマイモくらいしか思いつかないくらいだったので(笑)。

〈室内の雰囲気に合う既製品のテレビボードを〝浮かせ〟で取り付けることを提案。右の畳コーナーの間仕切りは、閉めても洋室の雰囲気に馴染むものに〉

〈もともとの玄関が広めだったこともあり、壁を手前に動かす〝ふかし〟によってニッチを実現。エコカラットと照明で、玄関の素敵なおもてなしスペースを演出〉


◆生活を初めていかがですか?

 空間がゆったりしていると、気持ちにもゆとりが生まれ、家で過ごす土日が楽しみになりました。子どもたちも個室を持てて喜んでいるし、主人はショールームでひと目で気に入ったフロートタイプのトイレが実現できて喜んでいます。
 照明もいろいろ考えてダウンライトを中心に設置してもらったのですが、調光できることと必要な場所だけ点けることができるのがとても便利で、夜に暗めの電球色に落として床の上でゆったりストレッチしたりしています。

〈ショールームで気に入ったフロートタイプのトイレは、掃除もしやすく、デザイン性の高い空間を構築〉

〈ダウンライトと、ペンダントライトを組み合わせたり、コーナーを照らすスポットや間接照明を取り入れるなど照明にもこだわって。洗面室につながるキッチン背面の扉は、幅広のカップボードを取り付けるために間口を縮小しました〉


 
  • お約束
  • 中古購入×リノベ
  • リノベ成功のポイント
  • 施工事例
  • お悩み解決相談室
  • OPENHOUSE