成長した家族の希望を実現した全面リフォーム

  成長した家族の希望を実現した全面リフォーム

広さ、動線、使い勝手…「こうだったらいいな」を形に

安芸郡 K様 202012月リフォーム


 新築で入居して20年以上が経過したマンションにお住まいのK様ファミリー。3人の息子さんも成長した頃、水廻りの傷みが気になり始め交換を検討。
 そんな時、トータテリフォームセンターで全面リフォームした同じマンションの部屋を見学して感動したこともあり、これまで不便に感じていたこともまとめて見直すことにしました。

 


◆どんなリフォームを希望されましたか?

 古くなってきたお風呂やトイレを、新しくしたいと思いながら我慢して使っていましたが、変える決断をしたことをきっかけに、思い切って全体を見直すことにしました。何から始めていいかもわからなかったので、ひとまずトータテさんを訪問。
 キッチンの位置を変えたい、子どもたちがベッドで寝たいと言っていたので和室はなくしたいなど、まとまらないながらも漠然とした希望を伝えたところ、こちらが思い至らないところまで配慮したプランを提案してくれました。


 ◆
LDKが広くなりましたね!

 和室を取り込み、2つの掃き出し窓に面した広いLDKになりました。コーディネーターの羽根さんに提案してもらいながら、グレージュ系のフローリングと薄いグレーのクロスを選んだところ、明るいけれど落ち着きある雰囲気にまとまり、とても気に入っています。
 部屋をすっきりさせたかったので、テレビボードを大型の壁面収納にすることを希望しました。たくさん物が入るのに、扉を閉めるとすっきりして、とても便利です。このまま物が散らからない生活をキープしたいです(笑)。


10帖のリビングダイニング6帖の和室をつなげて、ワンフロアのリビングダイニングに。光をたっぷり取り込む明るい部屋を、落ち着いた色味でまとめました〉



〈テレビボードをセミオーダーの壁面収納に。天井の高さまで無駄なく活用し、フラットな扉ですっきりと見せます〉



◆キッチンは対面式になりましたね?

 以前のキッチンは奥まった場所で独立していて、夏は熱が籠もって西日も差し込み、まさに灼熱地獄でした。まずはそれを解消したいとお伝えし、いろいろ検討して今の位置で対面スタイルにすることになりました。
 キッチン正面のリビングダイニングの壁にエアコンを設置したこともあり、とても快適です。配管の関係で床の高さを上げることになったのですが、緩やかな2ステップを設け、床材の色を変えたことで、空間にメリハリが生まれたことも良かったです。


〈キッチンはリビングダイニングに対面する位置に移動。奥の洗面・浴室に行く動線がスムーズになるように、リビングドア側に開口部を設けました〉

 



〈奥様お気に入りのシンク上収納。左の水切りに洗った食器を置き、上げておくと邪魔にならず自然乾燥ができる優れもの。右のスパイスラックは、調理中だけさっと下ろして使えます〉




◆水廻りの動線を大きく変えましたね!


 以前は洗面室が狭く使いづらいと感じていたため、元のキッチンがあった空間を洗面室にして、キッチンから洗面、浴室に続く動線に変えました。洗面室は広くなり、収納力のあるトールキャビネットを置くゆとりが生まれました。
 室内干しできる器具を取り付けてもらったので、天気の悪い日も助かります。水廻りが集約したことで家事効率も上がりました。


〈広くなった洗面室には洗面台の隣にトールキャビネットを並べ、収納力をアップ〉

 


〈無駄な動線の多かった間取りを整理して、リビングに続く廊下の印象もすっきり。水廻りへの通路があった場所を壁にしたことで大型収納も設置できました〉

 


〈玄関はパイプスペースの壁にラインを合わせてミラー付きの大型シューズクロークを設置。玄関ホールがワイドになり、ゆったりと家族やゲストを迎える空間に〉




◆アクセントクロスも素敵ですね!


 それぞれの個室などのアクセントクロス選びを楽しみました。子ども部屋は3人の息子たちが、キッチンやトイレは妻が、私は書斎机を置いた玄関横の部屋のクロスを選びました。それぞれ決断の際には長男に相談していて、一番頼りにされていました。みんなで取り組んだことで、より満足できるリフォームになりました(ご主人)。




〈子ども部屋は濃いブルーとストリート風のクロスを合わせて。クローゼットは扉のないオープンタイプに〉





〈置き畳の上にタイルカーペットを敷いている玄関横の個室は、洋室にも和室にも合うクロスを選びました〉


〈大柄のアクセントクロスと同系色のクッションフロアを取り入れたトイレ。羽根さんに相談しながら、奥さまが選びました〉




◆リフォームしての感想は?


 とにかく動線が便利になりました。冬場はキッチンと洗面室の間の戸を開けておけば暖気が入り、洗面室も寒くありません。浴室の床も冷たくなく保温性も高いため、入浴時間がとても快適です。家が綺麗になったことが嬉しくて掃除も積極的にするようになりました(ご主人)。

 キッチンが新しくなって収納力も機能もグレードアップしてとても快適です。傷や熱に強いセラミック天板やタッチレス水栓も使い始めると本当に便利です。子どもたちもそれぞれ3段ベッドを自分の基地にして楽しんでいるし、思い切ってリフォームして本当に良かったです(奥様)。






担当者:営業/藤明 リフォームアドバイザー

 スケルトンリフォームで水廻りを中心に思い切って間取りを見直しました。リノベスタジオのキッチンや、リフォームセンターショールームの洗面キャビネットなど、実物を見ながらどんどんリフォームのイメージを膨らませていただくことができました。
 仲の良いご家族で、皆さんで「こんな家にしたい」という思いを楽しみながら実現していただけて、嬉しく感じています。

 
  • お約束
  • 中古購入×リノベ
  • リノベ成功のポイント
  • 施工事例
  • お悩み解決相談室
  • OPENHOUSE