茅葺き時代の古民家を、セカンドライフを楽しむ住まいへ

  茅葺き時代の古民家を、セカンドライフを楽しむ住まいへ

薪ストーブに土蔵のオーディオルーム、大リノベーションで理想を実現

広島市 O様  202012月リフォーム


 施主様のお祖父様が建てた時代はまだ茅葺きだったという平屋の家。その後リフォームで手を入れ、瓦屋根にはなっていましたが、寒くて使いづらい家でした。空き家になってからは傷みも気になっており、本家でもあり、お祖父様の思いがこもった家をこのまま朽ちさせるわけにはいかないと、思い切って全面リフォームして、ご夫婦で移り住む決意をされました。

 
◆玄関が広くて明るいですね。


 以前の玄関が狭かったので、広い玄関にしたいと思っていました。広いホールのある玄関を新たに設けて、以前の玄関だった土間部分は収納にしました。収納力がたっぷりあり、庭側に勝手口を設けたのでとても使い勝手の良いスペースになりました。

〈以前の和室4畳分の空間を、玄関、リビング、洗面、仏間につながるセンターホールに。正面の洗面室前の暖簾は、お祖母様の着物の反物を奥さまが再利用されたもの〉

〈玄関、リビング、勝手口と3WAYにつながり、家族用の出入り口として便利に使える土間収納。可愛らしいクロスはご主人のチョイス〉



◆LDKがとても素敵です!


明るくて広いLDKを設けたいと思っていました。山荘のような雰囲気をイメージして、天井材と腰板にはヒノキを選びました。屋根を見ていただき、梁を現しにできたため、勾配天井にしてもらいました。

とにかく寒かったので、しっかり断熱してもらうことを希望し、床、壁、天井の断熱材と断熱サッシを取り入れた上で、薪ストーブを置きたいという夢も実現。大勢が集まった時にも対応できるように開口部を広くして、冬は暖気が行き渡り、夏は風が通り抜ける、ワンフロア感覚の快適な住まいになりました。

〈リビングの天井は断熱を施した上で天井板を抜いて、梁を現しにした勾配天井に。腰壁と同じヒノキの板を貼り、インテリアを木目で統一したことで、木のぬくもりをふんだんに感じる心地よい空間になりました〉

〈ハイタイプの3枚引戸を全て開け放てば、玄関ホールと仏間までつながる広々としたワンフロアになり、親族の集まりごとにも対応。〉

 

〈石の蓄熱効果を活かしたデザイン性にも優れた薪ストーブ。煙突は勾配天井に抜き、壁と床はヴィンテージ感のある耐火煉瓦に。木枠で囲んだ大型テレビを配線まですっきりと隠したのもご主人のこだわり〉

 

〈キッチン上は下がり天井。点検口やルータールームを兼ねた小屋裏に小窓と照明を付けてインテリアの演出に。右の小窓のデザインガラスはこの家で使われていたもの〉



◆仏間はそのまま残されたのですね。


祖父のこだわりがある和室だったので、床をフローリングに変え、壁のクロスを貼り替えただけで、ほぼそのまま残しました。欄間や床の間の書院も、「とてもいいものですよ」と大工さんがおっしゃってくださったので、残すことができて良かったと思っています。

 

〈欄間、書院、船底天井、廊下の横梁など、建築時のこだわりを見せたまま残した仏間。床はフローリングにして、掘炬燵を設けました〉

 

〈床の間横の書院の背面に収納用の壁を設けたため、光を透かすことができなくなった代わりに、照明を入れて演出することにしました〉

 

 

◆隣接する土蔵が素敵な趣味の部屋になりました。

 

スピーカーを入れる趣味の部屋を作りたかったのですが、母屋にはスペースが取れなくなってしまったので、土蔵に手を入れることにしました。湿気対策と構造補強を施し、内窓を付けてもらった以外はできるだけ土蔵の雰囲気を残して、隠れ家のような快適な趣味の部屋になりました。

 

〈古い土蔵が、ご主人の収集したレコードなどが並ぶ”男の隠れ家”に大変身。音響にもこだわったオーディオルームは、スクリーンを下ろせばシアタールームにも〉

 

〈構造材がむき出しの雰囲気を活かしたディスプレイや、裸電球の照明なども粋な没入感のある居心地の良い空間になりました〉

 

 

◆リフォームしていかかですか?


 まだ少しずつ荷物を運び込んでいる段階ですが、親族の思い入れと思い出のある家を壊してしまわず、残す選択をして良かったと思っています、いろいろわがままも言いましたが、臨機応変に対応してくださり、感謝しています(ご主人)。


 とにかく隙間だらけで寒かったのですが、断熱性と機密性をしっかり上げていただいたおかげで、虫の侵入も防ぐことができそうで嬉しいです。キッチンも広く、家事動線も良くて、これから先のことを考えても、とても生活しやすい家になったと感じています(奥様)。

 

〈和室を洋室にして、廊下とトイレのあったスペースをクローゼットに変えた寝室。リビングと同様の板張りに見える壁は実はクロス。天井クロスは蓄光で夜には星が現れます〉

〈シンプル志向の奥様と、いろいろ冒険を楽しみたいご主人。メインの部屋は奥様がコーディネートを決め、プライベートスペースはご主人が遊び心を加えて。蔵に続く廊下は、黄色い象さんと空のクロス〉




担当者 営業/入江 リフォームアドバイザー

 
  • お約束
  • 中古購入×リノベ
  • リノベ成功のポイント
  • 施工事例
  • お悩み解決相談室
  • OPENHOUSE